卒業生インタビュー

【卒業生インタビュー】まだ見ぬ新しい自分に出会いたい

まだ見ぬ新しい自分に出会いたい。Code Village卒業生の語る夢。

都内の私立大学に通う大学1年生の星野さんにお話しを伺いました。

まず星野さんがプログラミングを始めようと思ったきっかけを教えてください。
出会ったきっかけは、大学に入学してすぐです。高校生の時からブログをやりたかったんですよ。そのデザインについて、調べていたらプログラミングに出会いました。

アフィリエイト結構前から流行っていますもんね。差し支えなければ、それを始めようと思ったきっかけをお伺いしてもいいですか?

中学生の時からポイントサイトをやっていて、高校3年生くらいの時から友達を紹介したらポイントがたまるっていう仕組みに興味を持ちました。そこで、その派生のアフィリエイトやブログを調べていくうちにプログラミングに行き着きました。当初は特別エンジニアになりたいっていう訳ではなく、 アルバイト以外のお金の稼ぎ方を知りたくて、プログラミングを始めましたね。笑

なるほど、最初はプログラミングを独学で始めたんです。
そうですね。大学が文系なので、時間的に余裕があったので、何か1つ大きなことに挑戦したかったからです。その手段としてプログラミングを選びました。

Code Villageの入学の上でどのように意思決定をされたんですか?
入る前は結構迷いましたね。まず意思決定するとき、自分はネットで入念に調べるタイプなんですよ。受講生の声など口コミサイトで調べてみて、大手さんの運営体制とは自分とはどうしても合わないなって思いました。そこで、小さな規模感のプログラミングスクールを探していくつか候補を見つけました。笑 その中で、これから流行るだろうJavaScriptが中心のカリキュラム、3ヶ月の短期集中でスキル習得に取り組めること、課題がしっかり出され学習量をこなせること。この3点に魅力を感じて、CodeVillageを選択しました。

JavaScriptに魅力を感じてもらえたのは嬉しいです。笑

そうですね。笑 需要もあって、あとフロントにもバックにも使えることが良かったです。

未経験としては幅広い方がいいですね。率直にうちのサービスを受けてみてどうでした?

本当に受けてよかったです。しっかりと、個人個人に対して課題を出していただけました。講師の方のフィードバックも丁寧で、しっかりと返してもらえたのもよかったと思っています。受講中に、課題が多くて、少し辛い時もありました。でも、それは覚悟の上で入ったので、頑張ろうって自分に言い聞かせながら頑張りました。その甲斐あって、なんとかこなすことができました。困難に向き合って、それを乗り越える経験を積むこともできた気がします。笑

卒業までに1つのドラマがあったんですね。
 
スクールの学習内容で特によかったところってありますか?

実際に、JSのライブラリの中でも流行りって言われているReact.jsをスクールでできたことは、自分でも大きかったと思っています。今思うと初心者から0からライブラリを学習するのはもちろん大変だと思います。ただ、スクールで学習することで、そのあとの学習のとっつきやすさはとても楽になりました。

逆にCode Villageのサービスで改善して欲しい点はありましたか?

もっとクラス内での交流の機会を設けて欲しいです。笑 少人数のクラスだったので、同じクラスの仲間の2~3人とはいまだに連絡を取り続けています。もっと、生徒同士の交流の機会があればもっとモチベーションを高めたり、切磋琢磨できると思います。ですので、横のつながりを深めるイベントなどを開催していただけるとありがたいですね。

そうですね。反省して取り入れたいと思います。
最後に、星野さんはCode Villageでスキルを習得した後、これからどういうキャリアを描いていますか?

もともと、Web制作がしたくて、プログラミングを始めました。JavaScriptを使えたらもっと表現の幅が広がるということでスクールに入りました。だから今後は、Webページや、Reactを使ったシングルページのサービスを作りたいと思います。まだ大学1年生で、学生として色んな経験を積んでいけると思うので、特にこのサービスを作ると決定せず、様々なものに触れて技術を磨いていきたいですね。あとWebディレクターになるっていう選択肢も考えています。

Webディレクターなんですね。意外です。

実は、人とのコミュニケーションも好きなんです。誰かと話したりだとか、一緒にプロジェクトを進めて何かを共創することとか。プログラミングと同じくらいビジネスサイドも面白いと思っているんです。だから、その間を取りまとめるWebディレクターにも憧れています。そのために、大学生の間でもっとプログラミングやインターン、そしてビジネスに限らず様々なことに触れたいです。まだ見ぬ新しい価値観を持った自分、大学卒業の時に、そんな自分に出会えると嬉しいです。