無料カウンセリング

学習内容

“エンジニアに必要なスキルセットを最短で身につける”

「効率的なスキルアップの学習」「親身なサポート」2つを徹底的にこだわって作ったコンテンツを提供します。

MESSAGE

時代、産業の変遷とともにエンジニアに必要な言語や
フレームワークは移り変わっていきます。

これからの時代に必要なのは、
時代に合わせて学習するスキルを選び、
自己習得を可能とする「戦略的学習能力」です。

CodeVillageは学習の基礎となる
全レイヤーの構造理解、アプリを開発工程の理解、
日々の学習習慣を身につけることで、
どんな環境でも活躍できる「自走型エンジニア」
への成長が実現できます。

時代、産業の変遷とともにエンジニアに必要な言語やフレームワークは移り変わっていきます。これからの時代に必要なのは、時代に合わせて学習するスキルを選び、自己習得を可能とする「戦略的学習能力」です。
Code Villageは学習の基礎となる全レイヤーの構造理解、アプリを開発工程の理解、学習習慣を身につけることで、どんな環境でも活躍できる「自走型エンジニア」への成長を実現できます。

JavaScriptをメインとした全レイヤーの学習

Code Villageでは、マークアップ言語とJavaScriptという言語に絞って授業を行います。
リサーチを重ねて準備したカリキュラムにより、
4ヶ月でフロント、バックエンドの網羅的な学習を可能にします。

Code Villageでは、マークアップ言語とJavaScriptという言語に絞って授業を行います。リサーチを重ねて準備したカリキュラムにより、4ヶ月でフロントからサーバーまで網羅的な学習を可能にします。

学べる領域と言語、ツール

  • マークアップ言語の理解

    ホームページの基礎を作る、マークアップ言語でプロラミングに慣れていただきます。弊社が用意しているオリジナル動画コンテンツで約3週間に渡り学習を進めて頂きます。

  • JavaScript基礎編

    動画学習の復習から始まり、プログラミング言語であるJavaScriptの基礎を学習して頂きます。

  • JavaScript応用編

    データ構造とアルゴリズム、JSON、オブジェクト指向、DOMなど、応用的な内容を幅広く学びます。

  • ReactによるSPA開発

    Reactの基礎から始まり、HTTPサーバ・C/Sモデル・ドメインとURLなど幅広く学習を行います。

  • チーム開発

    NPM/Yarn、Git (CUI)、GitHub (ITS, wiki)、ソフトウェアアーキテクチャ、CI/CDなどを学習した後に、チーム開発を行います。

カリキュラム

Code Villageは、受講者のスキルアップに特化した授業コンテンツに自信があり、
カリキュラム詳細を公開しています。他社と比較検討して確かめてみてください。

Code Villageでは、徹底したリサーチの元に作られた授業コンテンツに自信を持っています。そのため、カリキュラム詳細を公開しています。他社と比較検討して確かめてみてください。

LESSON01 ガイダンス JSの技術の全体像の説明 + Git LESSON10 React 基礎① ライブラリとは・フレームワークとは・React
LESSON02 マークアップ/HTML マークアップ基礎力養成+事前学習定着度確認 LESSON11 React 基礎② Component
LESSON03 JavaScript基礎① 変数・数値とリテラル・文字列処理・配列 LESSON12 React 基礎③ Props, States
LESSON04 JavaScript基礎② 条件分岐・ループ・関数 LESSON13 React 応用① HTTPサーバ・C/Sモデル・ドメインとURL
LESSON05 JavaScript応用① 基本的なデータ構造・JSON LESSON14 React 応用② 静的Webサイトホストによるホスティング
LESSON06 JavaScript応用② 関数型プログラミングの概略・高階関数(関数を受け取る関数) LESSON15 チーム開発の心得① NPM/Yarn・パッケージマネージャ
LESSON07 JavaScript総括 オブジェクト指向プログラミング LESSON16 チーム開発の心得② Git (CUI) + GitHub (ITS, wiki)
LESSON08 DOM① DOMの基礎・HTTPサーバ・C/Sモデル・ドメインとURL LESSON17 チーム開発の心得③ ソフトウェアアーキテクチャ(PoEEE, DDD)
LESSON09 DOM② DOMのAPI LESSON18 チーム開発の心得④ CI/CD, ビルド環境, ツールチェーン

※ Lesson 17,18 及び終了後、チームか個人かを選択しWebアプリケーションの開発を行います。
※ 個人個人の理解度に合わせて適宜授業のフォローアップが入ります。

マークアップ言語は事前動画学習で

本授業に入る前に動画学習でマークアップの基礎を習得していただきます。
マークアップ言語に関しては自宅学習、
プログラミング言語に関しては本授業で分けて学ぶことができます。

カリキュラム統括者

Code Villageでは、現役のIT企業のCTOがカリキュラム、教材、授業の監修を行なっています。

濱口恭平

鳥羽商船高専・筑波大学情報科学類でコンピュータサイエンスを専攻。2010初期より累計5億円調達したTech系スタートアップで7年間CTOを担当。12名のチームを率い、Railsからソフトウェアドライバまで幅広い技術を要するプロダクトを開発。その後、フリーランスのエンジニアとして活動した後に、2015年より、大規模なシステムの受託開発に対応するため法人化。現在は動画メディア企業、建設×ITスタートアップの技術担当役員を兼任。

  • 4ヶ月間の流れ

    • 1ヶ月目

      マークアップ言語の理解

      簡単なWEBサイトを作るマークアップ言語をオリジナル動画教材を用いて学習して頂きます。オンライン上で常に質問ができる環境も整っておりますので、未経験者の方も心配なく取り組んで頂けます。

    • 2~3ヶ月目

      JavaScript言語の理解

      プログラミング言語の中で、最近人気のあるJavaScriptを学習して頂きます。関数からオブジェクト指向まで幅広く学びます。各授業ごとに学ぶ内容が決まっておりますので、授業に沿って順序立てて学んでいきましょう。

    • 4ヶ月目

      フレームワーク学習とチーム開発

      Facebook社が開発したReact.jsというフレームワークを学んでいきます。フレームワークを学んだ後、実際にWEBアプリケーションを開発していただきます。卒業後のポートフォリオとしても活用できる制作を講師陣の力を借りて作り上げましょう。

様々なライフスタイルに合わせた学習環境

課題のコンテンツが多く、それぞれが自分のライフスタイルで学習可能となっています。
また仕事が忙しくて時間が取れない方、地方在住で直接スクールに通えない方もご安心ください。
専用のオンラインコースを設けており、時間や場所にとらわれることなく学習できます。

学習をサポートする様々な制度

オンライン質問対応 平日10:00〜18:00オンラインにて質問対応を行なっています。
悩んだところやエラーは悩むことなく、即解消することができます。
Code Village Online 授業で学んだことが復習できるように、コンテンツをひとつのWebアプリ(Code Village Online)で管理しています。授業でつい聞き逃してしまった内容も確認可能になっています。
課題と日報制度 各授業ごとに課題を課しています。そのため、授業で学んだ内容がしっかりとアウトプット可能です。また、日報制度を取り入れております。学習の継続が苦手な方はぜひ利用して、講師から適切なフィードバックをもらいましょう。
交流会やイベント 不定期に、Code Village交流会や社外の企業と提携してイベントを開催しております。モチベーションUPに是非ご活用ください。

無料カウンセリングを受けてみませんか?

本当にスキルを習得できるの?
エンジニア職は本当に自分に合うの?
Code Villageでは無料カウンセリングを実施しており、
各々が抱える疑問や不安の相談を承ります!

ACCESS

〒171-0022
東京都豊島区南池袋2丁目46
シャトードゥヴァンベール 102

※ 副都心線「東池袋駅」から徒歩1分、
JR線「池袋駅」から徒歩10分

© 2018-2019 Permil inc.